メンタルヘルスセミナー・企業研修・講演会・従業員支援プログラム・コーチング

従業員の心身の健康をサポート/EAP
従業員の心身の健康をサポート
TOP
リスタ・システム
セミナー・研修
お申し込み方法
会社概要
ルーム・トップ

 リスタのプログラムは、全従業員が身体と心の健康維持のために気兼ねなく受けられるサポートシステム

コンディショニング
国家資格所持者のトレーナーが疲労やストレスをいち早く解消
全社員が会社にあれば必ず受けたいと思うマッサージやリフレクソロジーを提供


カウンセリング
臨床心理士、産業カウンセラーがコーチングやカウンセリングでサポート
メンタルな問題をいち早く見つけカウンセラーとトレーナーがチームでサポート


誰でもが受けたいから利用率が上がり、その結果、従業員の健康度・仕事効率もアップ。

上司も同僚も疲れているなと思う従業員がいたら「マッサージ」や「はり」であれば気軽に勧められる。



人によって疲労は違っている:肉体的疲労・心理的疲労・脳の疲労 肉体的疲労:長時間時間の作業や不自然な状態での作業を繰り返すことで起こります。
いわゆる肩こりや腰痛、眼精疲労、手や肩の痺れなど。

心理的疲労:上司・部下関係や職場・職種適応の問題など、心の問題で起こります。
うつ病、適応障害、パニック障害、心身症、その他。

脳の疲労:上記の疲労でも脳の疲労は起きていますが、表現として、だるい、集中できない、作業効率が悪いなどは脳が疲労している状態です。

従業員の心身の健康をサポートするシステムとは

健康な従業員が気兼ねなく受けられるシステムである必要がございます。健康な人が気兼ねなく受けられるシステムだからこそ、疲労やストレスを抱えた従業員も気兼ねなく受けられます。

従業員の疲労とストレス
疲労やストレスは、メンタルな問題のうつ病や適応障害などストレス関連疾患問題として重要ですが、同じように重要な課題として、作業ミスや作業事故、交通事故を起こす原因となりそれに対しての対策が必要です。
業務上の事故防止
精神的、肉体的疲労が大きく関与しているヒューマンエラーとしての業務上のミスや事故を防止することは、企業にとってメンタルヘルス対策同様に重要な課題だと考えております。
ヒューマンエラーは、辛く自覚しているときの疲労状態での事故よりも、本人が精神的、肉体的な疲労を強く自覚していないときのミスのほうが明らかに多く、重大な事故となるケースが多い。
このような方には、マッサージや「はり」などを気軽に勧めることで、疲労の回復を行いミスなどの軽減に効果を発揮します。

疲労やストレスを受けているレベルによる違い
健康な人も疲労やストレスを感じているレベル
ストレスや疲労などメンタルな問題もはじめは身体の不調を訴える方が多くいます。
肉体的疲労や脳の疲労の場合「マッサージ」や「はり」によるケアで疲労はすぐに取れ仕事に集中できるようになります。
このレベルで心理的疲労をお持ちの方は「マッサージ」や「はり」で、良くなる場合とよくならない場合(メンタルサポートが必要)があり、それを発見することが予防と早期解決の実現となります。
            矢印
疲れが一晩寝ても取れないで残っているレベル
肉体的疲労や脳の疲労の場合「マッサージ」や「はり」によるケアを数回、定期的継続してサポートを行うことで仕事への集中力は回復いたします。
ただし、
このレベルで解決策をとらなかった場合、集中力の低下や注意力が散漫になり、作業ミスや作業事故、交通事故などの起こる確立が高くなります。
このレベルで心理的疲労をお持ちの方は、早期にカウンセリングを行うことで、うつ病などのストレス疾患を回避することができます。
            矢印
疲れが慢性的になりかかっているレベル
肉体的疲労や脳の疲労の場合「マッサージ」や「はり」によるケアを定期的に継続していくことで問題が解決いたします。
このレベルで心理的疲労をお持ちの方は、精神科や心療内科に受診を薦めカウンセリングとの併用する方法をとる必要がございます。
            矢印
病気と診断を受けるレベル


リスタでは、疲労やストレスからの身体の変化と心理的変化にいち早く対応します。

身体の疲労やストレスはもちろんのこと心理的疲労やストレスも、首や肩こり、疲れがとれない、頭がぼんやりする、目の疲れ、身体がだるいなどはじめは身体に現れること多くあります。
このような方に、コンディショニング・トレーナーがマッサージやはり治療、ストレッチセラピー、その他の手技療法で解決へのお手伝いをさせて頂きます。

従来のEAP
メンタルのみに対応しており、少しの疲れでは感じていても相談には訪れず、疲れ切ってしまった状態や問題が深刻化してはじめて相談をするために、結果的に休職をしたり病院にかかったりすることとなり、従業員にとっても企業にとっても損失が大きくまた、効果が見えにくいものとなっております。

リスタの考えるEAP
ビジネスパーソンズもアスリート同様に、健康な人は体調を維持するために、疲労を感じている方は疲労を解消を目的に、また、身体だけでなくメンタルな問題が潜んでいる場合には、いち早くカウンセラーが対応できるシステムとなっております。
ぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。


※EAPとはEmplovee Assistance Program(従業員支援プログラム)と呼ばれる米国産まれの職場のメンタルヘルスサービスのことをいいます。


①企業の生産性を向上

従業員の心や身体の問題に対して適切に対応することで、ベストコンディションを維持でき個人のパフォーマンスを 向上させ、その結果から企業の生産性向上を目指します。
 
②企業の損失を最小限にする
業務に支障をきたしたり、事故をおこす可能性のある従業員に対して適切に対応することで従業員や企業の損失防止を目指します。

③企業の健康管理費を低減させる
マッサージや鍼治療等のコンディショニングは従業員が受けたいと思うひとつであり、受けることで健康維持や予防につながります。また、トレーナーの日々のチェックが早期発見・早期治療を可能にするために、直接的な医療費だけでなく、トータルに必要となる健康管理費用の低減が可能になります。

⑤有能なスタッフの雇用を促進する
企業にとって必要で大切な従業員ほど、彼らとその家族は企業が実施するサポートが手厚いことに、魅力と感じています。従業員のスキルの向上や価値をを求めると同時に、企業価値の向上面からも有効です。
 


従業員の心身の健康をサポート
リスタ・カウンセリング・ルーム