従業員の心身の健康をサポート/EAP
従業員の心身の健康をサポート
TOP
リスタ・システム
セミナー・研修
お申し込み方法
会社概要
ルーム・トップ

2016年度 メンタルヘルス研修/講演会 
研修参考例


研修名 従業員のメンタルヘルス研修

目 的

新入社員や全従業員を対象に、性格テストと心の健康度・心の疲労度を見る心理テストを使用して、それぞれご自分の心身の現状を客観的に把握し、交流分析(エゴグラム)や認知療法をセルフ・カウンセリングに取り入れる方法を指導することで、うつ病 ・心身症・職場不適応など心理的問題予防と心の問題解決が行えるようになっていただくことを目的としてまいります。


用語の簡単なご説明

whoSUBI
世界保健機関(WHO)が開発した心の健康自己評価質問用紙 Subjective Well-Being Inventory(SUBI)です。

エゴグラム
アメリカの精神科医エリック・バーンが1950年代後半から提唱し始めた「交流分析」の基礎理論の構造分析に属し、バーンの直弟子であるジョン・デュセイが考案した理論(それぞれ性格の各部部同士の関係と外にあらわしている心のエネルギーをグラフに示したもの)を元に作成した質問紙法(パーソナリティー・テスト)です。

認知療法/認知行動療法
1960年代にペンシルベニア大学精神医学科教授アーロン・T・ベック博士が提唱された心理療法理論で、うつ病、パニック障害、恐怖症、対人関係問題など様々な心の問題をお持ちの方に応用され、今日特に成果を上げている心理療法のひとつといわれております。「認知」とは「思考のプロセス」「知識」「物の見方」といった意味です。認知療法では、私たちの気分や行動や身体的症状は、出来事や経験に対する「物の見方」によって大きく影響を受けると考えます。そこで、出来事や経験に対する「物の見方」を検討し修正を行う方法です。


メンタルヘルス研修・1 メンタルヘルス・ベーシック
プログラム:
1、どのような心の問題があるかを知る
 ・ストレスとは ・知っておいてほしい心の問題
 ・心の問題になってしまう前に対応するには (ストレスと自律神経の関係を知る)

2、心理テストで自分を知る(テストを実際に行う)
 ・性格検査の一つエゴグラムを用いて解説
3、リラクセーション・トレーニングを知る
 ・呼吸法と漸進的筋弛緩法を学ぶ
4、コミュニケーション法
 ・4つのコミュニケーションを知る
 ・人に嫌われるパターンを知る
 ・人を伸ばすには
5、同僚の相談方法のちょっと体験
 ・ピア・カウンセリングとは
 ・かかわり方のさわりを体験する



メンタルヘルス研修・2 心理テストと交流分析(エゴグラム)

プログラム:心理テストの実施
        @ whoSUBI (心の健康度・心の疲労度を調べる)
        A エゴグラム (様々な心理テストの一つ)
        
      心理テストの解説
        @ whoSUBI
          各自が心の健康度と心の疲労度を客観的に理解する
        A エゴグラム
          心の仕組みと働きの理解
          エゴグラムを用いた自己変容方法の指導
          コミュニケーションとパーソナリティーの解説
  


メンタルヘルス研修・3 自分で行う心の問題解決法・・・認知行動療法・・・

プログラム:認知行動療法の7つのステップ
       @ 自分の問題を理解する
       A どのような場面で問題が起こるのか
       B 問題場面での感情、行動、そして思考(物の見方)を調べる
       C 思考(物の見方)が感情や行動にどのように影響しているのか
       D 思考(物の見方)が適切か役立っているかを調べる
       E 同じ場面で別の思考(物の見方)ができるかを調べる
       F 別の思考(物の見方)を実行し練習を行う
         まとめ 


研修名 リーダーのためのリスニング研修

目 的

職場リーダーが、リスナーとして同僚や部下の気持ちを聞けるようになることで、コミュニケーション能力が豊かになり、職場の人間関係がスムーズになることで風通しをよくする。

プログラム:コミュニケーションの基本技法
       @ 身体的かかわりの演習
       A 共感的傾聴の演習
       B 基本的な共感の演習
       C プローブ(問題を探る)を使った演習
       D まとめ



従業員の心身の健康をサポート
リスタ・カウンセリング・ルーム