リスタ・カウンセリング・ルーム/ご案内
全国の方々よりカウンセリングをどこで受ければいいのかというご質問を多くいただくので書かせていただきました。

現在は、臨床心理士をはじめ様々な民間機関が心理資格を発行しております。
私の悩みや問題はどこに相談すればいいのかということで悩まれている方も多くおられると思います。
(現状は心理士資格は、臨床心理士をはじめすべての資格が民間資格で国家資格にはまだなっていない)

さて、悩みや問題をお持ちの方はホームページなどを参考にして、相談室を決められていると思います。
相談室を選ぶ基準などは本当はないのかもしれませんが、心理士資格が国家資格化になっていない現在、
どの程度(臨床心理の学習歴や臨床経験など)の人がカウンセラーをしているのかがわからない状況です。

そこで、最低でも下記の3つの条件をクリアしているところで、プラス専門の相談分野や専門心理療法を
確認されて選ぶのがいいのではないかと思います。

3つの条件とは、
①臨床心理士、シニア産業カウンセラーのどちらかの資格を持ったカウンセラーがいる相談機関

 それ以外には、医師や鍼灸師、看護師等医療系国家資格者で、カウンセリングトレーニングを終えられ
 ている方や学術団体認定資格を持っている方。
※ここでの注意は、代表者が臨床心理士などの資格を持っているが、実際に相談に当たるカウンセラーは、
 まったく別の資格であったり、その相談機関が独自に発行している資格であったりします。
※臨床心理士とよく似た名称があるので注意してください。

②相談室が医療機関ときちんとコンタクトのあることがホームページなどでわかるところ
 これは、医療機関と提携していますと書かれている相談室はたくさんございますがが、どこの医療機関なのか
 がわからない場合があるので、医療機関名がきちんと出しているところが安心です。
 なお、私の悩みや問題は、うつ病などとは違うから別に関係ないと思われる方もおられると思いますが、医療
 機関とコンタクトがあるということは、医師が紹介しても大丈夫な相談機関ということになります。

③学術発表や論文を継続して発表しているカウンセラーや相談機関
 相談することと発表することは違うという方もおられますが、ひとつのことを発表しようとするとたくさんの
 文献を調べたりするということになります。また、最新の情報などにも常に気にかけており、相談に来られる
 方により良いカウンセリングを提供しようとする姿勢があるということになります。

この3つがまず整っていることが前提と考えられるのがいいと思います。
もちろん整っていない相談室でもすばらしいカウンセラーの方はおられると思いますが、相談を受ける側としては、誰がよくって誰が良くないのかということが分からないので、まずは、この3つが整っている相談機関をお探しになると良いと思います。

次に、どのような悩みや問題を専門にしているのかということになります。
まず、3つの条件の一つである医療機関とコンタクトがあるということは、うつ病、不安障害、人格障害、心身症等のストレス疾患や対人関係問題はどの相談機関でも専門と考えていいと思います。
それ以外としては、子供の問題が専門、高齢者の問題が専門、夫婦関係が専門、家族関係が専門、性の悩みや問題が専門、犯罪(被害者や加害者)が専門、その他相談機関によって違いがあるのでホームページなどで確認してください。

最後に専門の心理療法について
昨今、認知行動療法がどこの相談機関でも行っているようにホームページには書かれていますが、実際に長期(1年以上の継続研修を受け、スーパービジョンも受けている)のトレーニングを受けられたカウンセラーが何人いるのかということは分からない状況です。
というのは、大学院でもここ4・5年は増えてはきていますが、まだまだ指導しているところは少ないのが現状です。
当ルームでも、15年前からアメリカにある認知行動療法/認知療法の創設者のところで1年のトレーニングを受けられた教授と共に臨床家を対象に系統的に認知行動療法を学ぶことができるセミナーの開催しております。
※スーパービジョンとは、実際のクライエントに対して認知行動療法を行いながら、指導を直接受けること。

それ以外の心理療法としては、夫婦を対象にした夫婦療法、家族を対象にした家族療法、夫婦と家族は一緒だとお考えになられる方も多いと思いますが、カウンセラー側からすればまったく別な方法なので専門が分かれます。

これ以外にも、いわゆるカウンセリングからブリーフセラピー(短期療法)といわれるもの、交流分析、精神分析、行動療法、ゲシュタルトセラピー、その他、様々な心理療法がございます。


カウンセリング・ルーム・トップ
ルーム案内ルーム案内 認知療法(認知行動療法)
カウンセラー紹介心療鍼灸 夫婦・家族療法
E-心理相談スカイプ・カウンセリング EAP:法人契約
E-メール心理相談セックス・カウンセリング リンク
お問い合わせお問い合わせ iモード対応   EZ対応
カウンセラー紹介 本のご紹介