リスタ・カウンセリング・ルーム / 心療鍼灸・マッサージ













ルーム案内



心療鍼灸の相談・治療対象





自律神経系の働きが種々の原因によって障害され、様々の症状が現れてくる場合を総称して自律神経失調症と呼ばれている。

自律神経系には、活動している時やストレスや緊張を感じているときにはたらいている【交感神経系】と、活動に備えた状態、休息やリラックスしている時にはたらいている【副交感神経系】の二つに分類され、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。

自律神経失調症の症状は、頭痛をはじめ身体の一部が痛くなったり、精神的にイライラしたり、落ち込んだり、倦怠感、ほてりなど人によって様々で、またいくつかの症状が重なったりします。


自律神経失調症症状の一例


頭・目・耳・口・喉 頭痛、頭重感、耳鳴り、口の渇き、味覚の異常、疲れ目、なみだ目、喉の異物感、喉が詰まる
循環器系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、血圧異常
呼吸器系 息苦しい、息が詰まる感じ、息切れ、酸欠感
消化器系 食道のつかえ、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、胃の不快感
泌尿器・生殖器系 頻尿、残尿感、勃起不全、早漏、射精障害、生理不順、外陰部のかゆみ
筋・骨格系 肩こり、筋肉・関節の痛み
手・足 手足のしびれ、手足の痛み、手足の冷え、ふらつき
精神 不安、恐怖、イライラ、落ち込み、怒りっぽい、集中できない、やる気が出ない、些細なことが気になる、悲しくなる、眠れない、倦怠感、食欲がない


自律神経失調症の原因

症状が一人ひとり違うように、原因もまた一人ひとり違ってきますが、代表的なものだけを書かせていただきました。また、原因がひとつだけであるとは限りません。

・生活リズムの乱れ

・過度なストレス

・低いストレス耐性

・環境の変化

・女性ホルモンの影響