リスタ・カウンセリング・ルーム / 心療鍼灸・マッサージ













ルーム案内



心療鍼灸の相談・治療対象






パニック発作

強い不安、恐怖、または脅威が突然始まり、破滅が目の前に迫ってきている感じを伴う、はっきり他と区別できる期間である。発作中は、息切れ、動悸、胸痛、胸部不快感、喉に物が詰まる感じや窒息する感じ、気が狂うことまたはコントロールを失うことに対する恐怖がある。
以下の症状のうち4つ以上が突然に起こり、10分以内に頂点に達する。
@動悸、心悸亢進、心拍数の増加
A発汗
B身震いまたは震え。
C息切れ感または息苦しさ
D窒息感
E胸痛または胸部不快感
F嘔気または腹部の不快感
Gめまい感、ふらつき感、頭が軽くなる感じ、気が遠くなる感じ。
H現実感の消失
Iコントロールを失うことに対する、または気を失うことに対する恐怖。
J死ぬことに対する恐怖
K異常感覚(感覚の麻痺やうずき感)
L冷感または熱感

広場恐怖
逃げることが困難であるかもしれないまたは、恥ずかしくなってしまうかもしれない、パニック発作が起きたら助けが得られないかもしれない場所や状況に対する不安または回避。
典型的な状況
家で1人でいる、バス・電車・自動車で移動していること

パニック障害
基本的特徴

予期しないパニック発作が反復することと、それに続いて、少なくとも1ヶ月の間、次のパニック発作が起きるのではないかという心配が持続する。

広場恐怖を伴わないパニック障害

広場恐怖を伴うパニック障害