リスタ・カウンセリング・ルーム / 心療鍼灸・マッサージ













ルーム案内



心療鍼灸の相談・治療対象





うつ病
とは、抑うつ気分や不安、焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする病気です。
うつ病(鬱病、欝病)は気分障害の精神疾患の一種で、軽症うつ病から、自殺企図など生命に関わるような重症うつ病まであります。
うつ病は、不安に次いでよく見られる精神障害です。

大うつ病
基本的特徴
抑うつ気分または、ほとんどすべての活動における興味、喜びの喪失のいずれかが存在する。
以下の症状が5つ以上が少なくとも2週間の期間存在している。
@その人自身の言明、他者観察から、ほとんど毎日、ほとんど一日中抑うつ気分。
Aほとんど毎日、ほとんど一日中、すべてまたは、ほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退。
Bダイエットをしていないのに、著しい体重の減少、またはほとんど毎日食欲の減退または増加。
Cほとんど毎日、不眠または睡眠過多。
Dほとんど毎日、精神運動性(精神面の状態が行動に現れること)の焦燥または制止。
Eほとんど毎日、易疲労性、または気力の減退。
Fほとんど毎日、無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感。
G思考力、集中力の減退、または、決断困難がほとんど毎日認められる。
H死についての反復思考

 仕事でのミス、仕事でのプレッシャー、対人関係問題、夫婦・家族関係問題など、ほんの些細な出来事が原因で落ち込んだり、傷ついたり、気分が憂うつになったり、どうにも心が不安定な日を過ごすことがあります。しかし多くの人は、数日も経過すると落ち込んだり、憂うつな気分から回復して、また「よし、がんばろう」と思える力をもっています。
ところが時に、1日中気分が落ち込み、憂うつな気分から抜け出せずに、いつまでたっても回復しないことがあります。このような状態を「うつ状態」といいます。
これが2週間以上続くような場合には、うつ病(鬱病、欝病)の可能性があります。

気分変調性障害
基本的特徴
ほとんど一日中、慢性的抑うつ気分で、少なくとも2年間、これが存在しない日よりも存在する日が多く続いている。
抑うつの間、以下の2つ以上が存在している。
@食欲減退または、過食
A不眠または睡眠過多
B気力の低下または疲労
C自尊心の低下
D集中力の低下または、決断困難
E絶望感
2年間の間で2ヶ月間を越える期間、症状がなかったことはない。