リスタ・カウンセリング・ルーム / 心療鍼灸・マッサージ













ルーム案内



心療鍼灸の相談・治療対象





睡眠障害は、過度の眠気や睡眠開始と維持に関する障害で、睡眠の量、質、時間の障害のことをいいます。

基本的特徴
A.不眠症

  不眠症には、大きく4週類に分類されています。
1、入眠障害 
  寝つきが悪く寝つくのに30分〜1時間以上かかる。

2、中間覚醒
  寝ついても夜中に目が醒め易く、朝起きるまでに何度も目が醒める。

3、熟眠障害
  十分睡眠時間はとっているにもかかわらず、朝起きたときにぐっすり
  眠った感じが得られない。

4、早朝覚醒
  朝普段よりも早く目が醒めてしまい、その後、眠ることが出来ない。

不眠の訴えがしばしば見られ(週2回以上)、かつ少なくとも1ヵ月間は
持続すること。
不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられ
ること。

なお精神的なストレスや身体的苦痛のため一時的に夜間よく眠れない状態
は、生理学的反応としての不眠ではありますが不眠症とは言いません。

B.過眠症
日中に過剰な眠気または実際に眠り込むことが毎日の様に繰り返して見られる状態で、少なくとも1ケ月間は持続し、そのため社会生活または職業的機能が妨げられ、あるいは自らが苦痛であると感じるものです。 ただし一回の持続期間が1ヵ月より短くても繰り返して過眠期がみられるものも含みます。