ノーマン・B・エプスタイン博士の認知行動療法ワークショップ アメリカ結婚・家族療法学会:公認

認知療法/認知行動療法セミナー  セミナー/研修/ワークショップ
ノーマン・B・エプスタイン博士の認知行動療法ワークショップ
セミナー・トップ
2011年セミナー
特別プログラム
エプスタイン博士のワークショップ
パデスキー博士のワークショップ
申し込み方法
過去のセミナー
TOP
終了いたしました。

今回のワークショップ風景
ノーマン・B・エプスタイン博士の認知行動療法ワークショップ
講師:エプスタイン博士と中村伸一先生



アメリカ結婚・家族療法学会(AAMFT)公認

2012年 ノーマン・B・エプスタイン博士の認知行動療法ワークショップ
 Norman B. Epstein, Ph.D.
 (ノーマン・B・エプスタイン博士)
 ・メリーランド大学カレッジパーク校
  ファミリーサイエンス(家族科学)学科教授
 ・米国心理学会特別会員
 ・アメリカ認知療法アカデミー創立会員
 ・アメリカ結婚・家族療法学会(AAMFT)
  臨床会員および認定スーパーバイザー
 ・アメリカアセスメント心理学資格認定委員会
  有資格者

エプスタイン・TOP 博士の紹介 ワークショップの概要
プログラム 申し込み方法

日本の皆様へ

"I am honored to have the opportunity to present this workshop on couple therapy in Japan. I have been working as a couple and family therapist, as well as a teacher and clinical trainer, for 35 years, and I have a special interest in cultural factors in effective treatment of couples' problems. I am looking forward to meeting the participants and discussing our mutual interests in providing effective and culturally relevant therapy."

「この度、カップル・家族セラピーに関するこのワークショップを日本において行う機会を頂き大変光栄に思っています。私は、カップルおよび家族セラピスト、教師、並びに臨床トレーナーとして35年間仕事をしており、カップルに関する問題の効果的な療法における文化的要素に特に興味を持っています。参加者の皆様にお目にかかれること、そして、効果的且つ文化的背景を考慮したセラピーを提供するという共通の関心事項について話し合えることを心待ちにしています。」

共同開催
ワークショップは、認定CEプロバイダーであるメリーランド大学カレッジパーク校とアメリカ結婚・家族療法学会(AAMFT)との共同開催となります。

推薦者
昨今、夫婦・家族関係問題からのうつ病、DV、児童虐待、子供の問題行動等、医療機関をはじめ、学校、児童相談所、警察機関、家庭裁判所など各機関での夫婦・家族への対応方法が重要課題である。エプスタイン博士は、30年以上にわたり、カップルや家族に対する認知行動的アセスメントと治療の開発の第一人者であり、今回の日本でのワークショップは、様々な機関での臨床家とって大変有意義なものとなるだろう」
大野 裕 (日本認知療法学会理事長)

「夫婦療法・家族療法におけるエプスタイン博士の認知行動療法からの貢献は心理療法の世界において計り知れないものがある。博士のワークショップが日本で開催されることは大変に有意義なことになるだろう」
中村 伸一(日本家族研究・家族療法学会会長


カップルと家族に対する拡張認知行動療法


※本ワークショップは臨床心理士資格更新のためのポイント申請予定です。

会場のご案内

スター研修センター小伝馬町
東京都中央区日本小伝馬町1-4 小伝馬町ビル4F(401)
電話03ー5217ー5577
URL http://kodenma-kc.net//



認知療法/認知行動療法セミナー
セミナー/研修/ワークショップ