EHSとは、Erection Hardness Score(勃起の硬さスケール)の略で、
ED(勃起障害・勃起不全)の簡易的診断や治療を評価するツールとして開発されたものです。


セルフチェック


これを始める前に、このチェック票はあくまでも目安です。
これだけでEDであるという診断が確定するわけではございません。
気軽にチェックしてみてください。


グレード0:陰茎は大きくならない。

グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くならない。
      
イメージは「こんにゃく」の硬さ。

グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
      
イメージは「みかん」の硬さ。

グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
      
イメージは「クレープフルーツ」の硬さ。

グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。
        イメージは「りんご」の硬さ。


グレード0〜2はEDの可能性が高い。
グレード3であっても満足な性交に支障があればEDの可能性があります。


疑われる場合には、泌尿器科の受診を薦めます。
なお、泌尿器科で「心の問題でしょう」とか「心理的な問題」
「心因性」と言われた方は、カウンセリングの対象となります。
また、EDではなかったが、彼女や妻の時には上手く行かない場合は、
カップルセラピー、セックスセラピーの対象となります。

このような方々は一度ご相談にいらしてください。



セックスセラピー/セックスカウンセリング
リスタ・カウンセリング・ルーム