リスタ・カウンセリング・ルーム/ご案内
HOME
ルーム案内心理相談方法
カウンセラー
相談時間
相談費用
所在地
予約申込方法


スカイプ・カウンセリング
注意欠如・多動症

注意欠如・多動症
(Attention-Deficit/Hyperactivity disorder:ADHD)
        (以後はADHDと書きます)
ADHDは、不注意と多動性-衝動性が持続していることで機能または発達の妨げとなっている
もの。

1)
不注意:以下の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6カ月持続したことがあ
  る。
a)学業、仕事、または他の活動中に、しばしば綿密に注意することができない、または不注意
  な間違いをする
b)課題を行っている時又は遊んでいる時に、しばしば注意を持続することが困難である
c)直接話しかけられた時に、しばしば聞いていないように見える
d)しばしば指示に従えず、学業、幼児、職場での業務をやり遂げることができない
e)課題や活動を順序立てることがしばしば困難である。
f)精神的努力の持続を要する課題(例、勉強や宿題、成人では報告書の作成、書類に漏れなく
  記入する等)に従事することをしばしば避ける、嫌うまたはイヤイヤ行う
g)課題や活動に必要なもの(例、学校教材、鉛筆、財布、鍵、書類、携帯電話、その他)をし
  ばしばなくしてしまう
h)しばしば外からの刺激によってすぐ気が散ってしまう
i)しばしば日々の活動(例、用事、お使いをすること、大人では電話を折り返し掛けること、
  お金の支払い、その他)で忘れっぽい

2)多動性及び衝動性:以下の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6カ月持続した
  ことがある。
a)しばしば手足をソワソワ動かしたりトントンたたいたりする。または椅子の上でモジモジす
  る
b)関についていることが求められる場面でしばしば席を離れる
c)不適切な状況でしばしば走り回ったり高いところに登ったりする(青年・成人では、落ち着
  かない感じのみに限られるかもしれない)
d)静かに遊んだり、余暇活動につくことがしばしばできない
e)しばしば「ジッとしていない」またはまるで「エンジンで動かされているように」行動する
f)しばしばしゃべりすぎる
g)しばしば質問が終わる前に出し抜いて答え始めてしまう
h)しばしば自分の順番を待つことが困難である
i)しばしば他人を妨害し、邪魔をする(例、会話、ゲーム、相手の許可も得ずに他人の物を使
  い始める、他人のしていることに口出ししたりする、その他)


参考文献:高橋三郎・大野裕監訳『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』
     医学書院 2014/6/30

注意欠如・多動症と認知行動療法

当ルームが注意欠如・多動症に対して行っている認知行動療法については、
現在、作成中です。
今しばらくお待ちください。